膝に水がたまりました。抜いた方が良いですか?

膝の痛みで来院した56歳の女性。

左右の膝を見比べていると明らかに水がたまっていました。

旅行に踊りに運動など活発的に身体を動かしていたようです。

大抵の方は「膝に水」と聞くだけで「病院で抜いた方が良いですか」と質問されます。

膝に水がたまるのは一時的に負担をかけた関節を保護するために守っているものだから抜かない方が良いですよ」とお答えします。

今回は膝に水がたまる「関節水腫」について書いてみます。

● 膝に水がたまるとは?

上の図は膝関節と呼ばれももの骨である「大腿骨」とすねの骨である「脛骨」という骨が合わさって出来ています。

骨同士が直接ぶつかり合わないように関節のすき間には潤滑油の働きでもある滑液で満たされています。

この滑液のおかげで膝は滑りがよくなりスムーズに動かすことができるのです。

ちなみにこの滑液が不足すると油ぎれのロボットのようにギクシャクした動きになってしまいます。

膝に水がたまるとは、らかの原因でその潤滑油が異常に増えた状態のことをいいます。

だから膝がパンパンに膨らんでしまうのです。

通常の滑液は粘度のあるヌルヌルした液体ですが、異常に増えた時にでる滑液はサラサラしています。

膝に水がたまると?

膝に水がたまるとは膝の中で炎症が起きている状態です。

足首を捻ったり、どこかにぶつけてコブのように腫れますよね。それらの症状と同じと思ってください。

炎症が起こると膝は熱を帯びて熱くなります。このままだと熱を帯びてどんどんと熱くなります。

そこでどうするかというと、からだの中にある水分がその熱を冷まそうと集まってきます。

火事が起きたときスプリンクラーが作動し消火活動をおこなっている状態です。

つまり膝にたまった水とは膝の炎症を抑えるためにたまったものだとお考えください。

もともと体の中にある水分ですから炎症が治まれば自然と吸収されて元に戻ります。
(炎症のピークは約72時間とされています)

炎症が起こる→水がたまる
炎症が治まる→水もなくなる

だから炎症が治まっていないのに膝の水を抜いてもまた体の中の水分が集まってきます。炎症が治まってないから当たり前ですよね?

でも、一般的な心理として膝に水がたまると・・・

「とても痛い」「歩けない」「不安」「いつまで続くのか」という考えに陥ってしまいます。

膝にみずがたまったら?

1,安静にする。

膝に水がたまると関節の動きは悪くなりますから動かせなくなります。体は動かしてもらいたくないから、さらに水をためようとします。

ですから、水がたまっているときはもちろん、水を抜いて楽になったとしてもしばらくは安静にしないといけないでしょう。

脚を高くして安静にすると浮腫みの防止になります。

ただし、どうしても安静にしていられない場合がありますから、そういう場合はサポーターで保護し少しでも負担がかからないようにした方が良いでしょう。

先ほども言ったとおり炎症のピークは72時間ですから、それまでなんとか我慢しましょう。

2,アイシングをする。

膝に水がたまるというのは、膝に炎症が起こっているということです。炎症が起こる原因はたくさんありますが、いずれにしても炎症を抑えないといけません。

もし、膝の腫れがいつまでも続く場合は体の中の水分だけでは炎症が治まらない可能性があります。その場合は外からしっかりとアイシングをしてあげないといけません。

アイシングをするときのポイントは氷水で冷やすことです。湿布ではアイシングの効果はありませんので中止してください。

もう一つのポイントは長時間冷やしすぎないことです。1回につき約10~15分を目安に1日に3~5回程度おこなってください。

3、膝の水を抜く以外の方法で治療

実は膝の水を抜くということは治療ではありません。

本来は検査のために行うものであり、抜いた成分を調べると膝の中でなにが起こっているかおおよそのことが分かるのです。

膝の水を抜くのはあくまでも診断材料のために行う検査でこれ自体が治療ではないのです。

水を抜くことが治療法であるがごとく何度も水を抜いてしまう。もし、あなたが行っている膝の治療が、水を抜いて湿布を貼るだけだとしたら他の治療法を選択してください。

ふきざわ整骨院では膝に水がたまった患者さんが多数来院しています。

私も過去2回ほどケガをして膝に水がたまった経験があります。

歩けば痛いしかばって歩くのでふくらはぎや腰も痛くなってしまう。しかし幸いにも炎症をはやく引かせる治療機器あり、固定法やその後のリハビリなども自分で治療をして治した経験があります。

現在は趣味でランニングをしていますが、膝に水がたまることはなくなりました。

現在、膝に水がたまって不安に感じているならば、是非ご連絡ください。

ふきざわ整骨院

047-386-5995(予約制です)
治療優先のため留守番電話に切り替わります。メッセージをお願い致します。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0Print this pageEmail this to someone
ふきざわ整骨院(千葉県松戸市) 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel047-386-5995

千葉県松戸市金ヶ作418-82
新京成線 五香駅東口から徒歩5分

ページトップへ戻る