腰痛 椎間板ヘルニア

諦めないでください、椎間板ヘルニアでお悩みの方へ

このような症状でお困りではありませんか。

  • レントゲン、MRIで椎間板ヘルニアと診断された
  • お尻から足の外側がシビれてくる
  • 痛みが強くて病院にいったが「様子をみましょう」と言われた
  • 自分の椎間板ヘルニアはもう良くならないと諦めている
  • 椎間板ヘルニアに振り回されることなく日常生活を過ごしたい

その悩み当院におまかせ下さい。

感想をお聞かせ下さい。 花里真人様 50歳

以前チラシを目にしましたが、来院前は正直、半信半疑でした。(ごめんなさい)

しかし、腰の痛みが尋常でなく、犬の散歩中にもしゃがみ込んでしまう程になり、その場しのぎの治療でも受けざるを得ないと来院しました。

治療内容は軽いマッサージとストレッチを30分程。
患部の腰以外にも両足や脇腹周辺のマッサージもあり不思議に思いました。

治療が終了し、立ち上がってみると、腰の痛みがほとんど治まっており大変驚きました。

先生より痛みの原因と思われる行動や対処法、予防のストレッチ運動も教えて頂いたのですが原因と思われる内容を聞いて両足や脇腹のマッサージもなるほどなと納得。教わったストレッチは毎日欠かさず行っております。

既に十数回通院しておりますが、こんなに長く同じ治療院へ通ったのは始めてです。これからも完全回復を目指して定期的に受診していますが、宜しくお願い致します。

椎間板ヘルニアとは

椎間板ヘルニアとは椎間板の中身である髄核というゼリー状の物質が周囲の丈夫な繊維輪という軟骨を突き破った状態です。

飛び出した髄核が後方の靭帯に触れたり靭帯を突き破ることで腰の痛みを感じると共に後方の神経根という部分を圧迫することで腰痛や足腰の痛み(坐骨神経痛)を引き起こします。

MRIを撮ることで、直接椎間板ヘルニアを確認することができますが、難しいのは特に腰の痛みや坐骨神経痛が出ていなくても成人の7割で椎間板ヘルニアが確認されているのです。

整形外科で椎間板ヘルニアの診断を受けたからといってそのヘルニアが直接に腰痛や足のしびれを引き起こしているとは限らないのです。

椎間板ヘルニアの診断名がついていても他の原因で足腰の痛みが出ている可能性を排除する事ができないということになります。椎間板ヘルニアやその他の腰痛や坐骨神経痛の原因を探るための鑑別テストを行ないながら原因を特定する必要があるという事です。

整形外科では一般にレントゲン写真とMRIによる画像診断で疾患名を付けるため、実際に痛みを引き起こしている問題点とは無関係に、画像の特徴から「椎間板ヘルニア」または「脊柱管狭窄症」の診断名が付けられる事が非常に多いのが現状です。

よく「手術をしても治らなかった」と聞きますがそれは実際の痛みの原因ではないところを切り取っただけだからです。また、椎間板ヘルニアは手術して一度治った場合でも再発しやすいという特徴があります。

足腰の痛みの原因を特定するためには実は色々な理学的検査(フィジカルテスト)という方法があり、整形外科領域では教科書にも載っている程度のことですが、医療の現場はこういう手間のかかることはあまり行なわれていないのが現状です。

本来、椎間板ヘルニアの症状は自然に回復するものなのですが、ヘルニアを悪化させる力学的な負荷がかかり続けると何ヶ月も人によっては何年も治らずに腰痛や足腰の痛みやしびれ(坐骨神経痛)の原因となります。

放置すると椎間板が潰れて薄くなってしまい、背骨の骨と骨の間が狭くなってしまいます。

椎間板ヘルニアであったり椎間板が薄くなって骨と骨との隙間が狭くなったとしても椎間板にかかる力学的負荷を軽減することにより腰痛や坐骨神経痛は改善、消失します。

この「力学的負荷」を改善させるためには腹筋や背筋、股関節周囲筋の働き方や体の柔軟性が密接にかかわります。

ただし、間違っても我流で「腹筋」や「背筋」の筋トレをしたり、腰や下半身のストレッチを行なってはいけません。

特に男性に多いのですが間違った方法でケアをして悪化させている人が非常に多いのです。

特に発症から何ヶ月も経過している場合は椎間板ヘルニア以外の原因が合併して腰痛や坐骨神経が出現している事が多いため、鑑別が重要になります。

椎間板ヘルニアは改善されるのか?

かつては、腰椎椎間板ヘルニアに対して、手術が行われることも少なくありませんでした。よほどの場合を除き手術は行わないようになってきています。

近年「椎間板ヘルニアは多くの場合は数ヶ月程度で自然に縮小、消失する」と明らかになっています。これは、免疫細胞の一種であるマクロファージ(貪食細胞)が飛び出したヘルニアを食べてくれるためです。

なぜ、あなたの椎間板ヘルニアは改善されないのか?

まず理解しておかなければいけないことが、腰のヘルニアは腰が曲がることで症状が誘発され、悪化してしまうということです。

例えば・・・

  • デスクワークを長時間、座り姿勢で行う
  • 中腰で重いものを持ち上げる
  • 中腰で草むしりや床の掃除を行う
  • ソフィーに座って、同じ姿勢でテレビを見続ける
  • 朝、洗顔するときに腰をかがめる

要は座り姿勢と中腰姿勢です。これらの姿勢を仕事や私生活で長時間とってしまう人は、ヘルニアの症状が悪化、もしくは再発してしまうリスクが高いと言えます。

同じ姿勢を長時間とることがなぜいけないのか?

座り姿勢や中腰姿勢をとることはあまり良くありませんが、仕事上どうしてもその姿勢や動作をしなえればいけない場合もあります。

問題はその姿勢を長時間とり続けてしまうところにあります。

腰の椎間板や、関節の軟骨やじん帯は体を起こして重力下で動いている場合は、常に負担がかかっています。さらに腰が曲がり、椎間板がつぶれ、背骨の後ろの靭帯が伸ばされます。

この状態が長時間続くと、椎間板やじん帯は少しずつ変形していきます。
この負担の積み重ねと加齢による組織の強度が弱くなることも重なり椎間板ヘルニアが発症してしまいます。

ふきざわ整骨院が選ばれる理由

特色1 あなたの症状を最初から最後まで私が責任をもって診させていただきます。

あなたが今まで通われた整形外科や整骨院は「初回のみ院長が施術しそのあとは別のスタッフが入れ替わり立ち替わり」ってことはありませんでしたか?

当院ではこういう事を避けるため、当院サロンの院長である私だけが最初から最後まであなたの痛みに対して責任を持って施術に向き合います。

特色2 厚生労働大臣認定の国家資格保有 臨床歴25年の経験

解剖学の知識も筋肉や関節の知識も豊富なので安心して施術を受けて頂けます。

ヘルニアでは絶対にやってはいけない運動や姿勢があります。
解剖学をしっかりと学んでいないと治療行為自体が体を壊すことになりかねません。

特色3 1回50分 初回はたっぷりの80分施術時間

痛みの原因はその場所にあることが少なく仕事や育児、介護など個別性があるためどのような姿勢のクセがあり過去どのようなスポーツをしていたか丁寧に問診し原因を特定していく事が重要です。

当院では初回は時間を長く取って問診、検査をしたあと痛みの原因を特定していきます。さらにお身体の状態をホワイトボードを使い分かりやすく説明致します。

特色4 腰痛根本改善特別プログラムを提案します

当院では「腰痛に特価した特別プログラム」を用意しております。

このプログラムでは「全身指圧」により巡りを改善させ「骨盤調整」により骨格矯正を行います。
また当院にしかない「パワープラント運動療法」により体の柔軟性を高めていきます。

特色5 日常生活指導を提案します

当院の最終目標は「ご自身が持っている自然治癒力を高め、本来の動きを取り戻すこと」にあります。
その為には最低限、日常生活で気をつけるべき点があります。

当院ではご自身でできるストレッチ、筋肉トレーニング、呼吸法、姿勢、歩行、食事、睡眠についてご指導致します。もちろん、プログラムに含まれていますので別途料金はかかりません。

施術料金について

(腰痛根本改善特別治療)

初診料金 10,000円
(初診料金2,000円+施術料金8,000円)

2回目以降施術料金 8,000円
※ 通院日数が必要な方には特別回数券もご用意しております。

ヘルニアでお悩みの方に特別な提案があります。

初診料金+2回目料金=18,000円
        
※2回で2980円(1日1名様限定)

なぜ、2回で2980円なのか?

私はあなたにこれ以上、病院や整骨院、マッサージ院などを渡り歩くのを止めて頂きたいのです。
効果のない治療にお金と時間を費やして欲しくないからです。
また・・・

  • 本当に効果があるのか?
  • どんな治療をするのか?
  • どれくらいで良くなるのか?

という不安を少しでも払拭できればと考えています。

私はあなたの辛い痛みを本気で改善したいと思っている椎間板ヘルニアを1日も早く改善するために全力で治療致します。

本気で「椎間板ヘルニア」を治したいと思っている方は是非当院にお越し下さい。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0Print this pageEmail this to someone
ふきざわ整骨院(千葉県松戸市) 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel047-386-5995

千葉県松戸市金ヶ作418-82
新京成線 五香駅東口から徒歩5分

ページトップへ戻る