腰痛 椎間板ヘルニアとは。

椎間板ヘルニアとは、椎間板の中身である髄核というゼリー状の物質が周囲の丈夫な繊維輪という軟骨を突き破ってしまった状態です。

飛び出した髄核が後方の靭帯に触れたり靭帯を突き破ることで腰の痛みを感じると共に後方の神経根という部分を圧迫することで腰痛や足腰の痛み(坐骨神経痛)を引き起こします。

MRIを撮ることで、直接椎間板ヘルニアを確認することができますが、難しいのは特に腰の痛みや坐骨神経痛が出ていなくても成人の7割で椎間板ヘルニアが確認されているのです。

整形外科で椎間板ヘルニアの診断を受けたからといってそのヘルニアが直接に腰痛や足のしびれを引き起こしているとは限らないのです。

椎間板ヘルニアの診断名がついていても他の原因で足腰の痛みが出ている可能性を排除する事ができないということになります。椎間板ヘルニアやその他の腰痛や坐骨神経痛の原因を探るための鑑別テストを行ないながら原因を特定する必要があるという事です。

整形外科では一般にレントゲン写真とMRIによる画像診断で疾患名を付けるため、実際に痛みを引き起こしている問題点とは無関係に、画像の特徴から「椎間板ヘルニア」または「脊柱管狭窄症」の診断名が付けられる事が非常に多いのが現状です。

よく「手術をしても治らなかった」と聞きますがそれは実際の痛みの原因ではないところを切り取っただけだからです。また、椎間板ヘルニアは手術して一度治った場合でも再発しやすいという特徴があります。

足腰の痛みの原因を特定するためには実は色々な理学的検査(フィジカルテスト)という方法があり、整形外科領域では教科書にも載っている程度のことですが、医療の現場はこういう手間のかかることはあまり行なわれていないのが現状です。

本来、椎間板ヘルニアの症状は自然に回復するものなのですが、ヘルニアを悪化させる力学的な負荷がかかり続けると何ヶ月も人によっては何年も治らずに腰痛や足腰の痛みやしびれ(坐骨神経痛)の原因となります。

放置すると椎間板が潰れて薄くなってしまい、背骨の骨と骨の間が狭くなってしまいます。

椎間板ヘルニアであったり椎間板が薄くなって骨と骨との隙間が狭くなったとしても椎間板にかかる力学的負荷を軽減することにより腰痛や坐骨神経痛は改善、消失します。

この「力学的負荷」を改善させるためには腹筋や背筋、股関節周囲筋の働き方や体の柔軟性が密接にかかわります。

ただし、間違っても我流で「腹筋」や「背筋」の筋トレをしたり、腰や下半身のストレッチを行なってはいけません。

特に男性に多いのですが間違った方法でケアをして悪化させている人が非常に多いのです。

特に発症から何ヶ月も経過している場合は椎間板ヘルニア以外の原因が合併して腰痛や坐骨神経が出現している事が多いため、鑑別が重要になります。

状態に応じた適切な処置を行なえば病態は改善します。

椎間板ヘルニアと診断されても諦めないでください。

是非、当院にご相談ください。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0Print this pageEmail this to someone
ふきざわ整骨院(千葉県松戸市) 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel047-386-5995

千葉県松戸市金ヶ作418-82
新京成線 五香駅東口から徒歩5分

ページトップへ戻る