腰痛になったら動かす?休む?

腰が痛くなってきた。固まってるからストレッチしなきゃ!!

3ヶ月前のお話です。

患者様からこんなご相談をいただきました。

「腰が痛くて病院にいったら、腹筋や背筋、ももの筋肉が落ちているから姿勢が悪くなっている。だからトレーニングやストレッチをしなさい言われました。プリントを渡されて続けていますが一向に良くなりません。逆に悪化しているような気がします・・・。痛いときでもトレーニングやストレッチは続けた方が良いのですか?」

かなり辛そうでしかも真剣な眼差しは今でも記憶に残っています。

痛みがあっても我慢して動かした方が良いのか?についてお話します。

痛みは体のアラームサイン!!動かしたら悪化します。

腰が痛いのに無理してストレッチ、腹筋運動。

確実に悪化します。

その前に腰が痛いのにストレッチや体操が出来るか!!という話です。

よく、「体を軽く動かしたら楽になった」というお話を聞きますが筋肉が動かされて巡りが良くなり動きに慣れて、脳内からはアドレナリンという鎮痛物質もでるので一時的に楽になります。

しかし根本的に治ってないので翌日になったらぶり返します。

ですから痛い間はなるべく安静にしているのがベストです。

仕事、育児、家事、介護等で安静にしてられないとの声が聞こえてきそうですが、動く際はコルセット、さらしで固定をして必要最低限で活動して下さい。

しかし理想はアイシングして安静にすることです。

運動やストレッチは痛みが治まってきたら開始して下さい。

運動やストレッチは毎日、少しずつ、コツコツと!!

体の痛みが治まり動けるようになると、再発予防とばかり一度に大量の運動やストレッチをこなす方がいます。

ここで重要なのは運動やストレッチを毎日、習慣化できるかということです。

1週間に1度大量に運動やストレッチをおこなっても残りの6日間なにもしないと意味がありません。

ストレッチは歯磨きと一緒です。

毎日、行なうことで予防になります。

せっかく体に良いとされている運動やストレッチが悪影響となってしまいます。

最初は自分のできる範囲、ペースで習慣づけて下さい。

後、運動やストレッチは期日関係なく生涯続けていくつもりでやって下さいね。

動けなくなってからでは遅いのですから。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0Print this pageEmail this to someone
ふきざわ整骨院(千葉県松戸市) 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel047-386-5995

千葉県松戸市金ヶ作418-82
新京成線 五香駅東口から徒歩5分

ページトップへ戻る