交通事故・むち打ち治療

ふきざわ整骨院は、交通事故の施術に自信があります。

交通事故の施術に自信がある3つの理由!!

臨床経験20年 信頼と安心の治療実績。年間で約30名ほどの交通事故患者様が来院します。あらゆるケースに応じた、蓄積されたノウハウがあります。
電気による施術、湿布だけで終わらない。手技にこだわり早期回復を目指します。その時々の状態で施術内容は変化していきます。最初から最後まで院長対応だからこそわかる体の変化を感じ取ることができます。
交通事故に詳しい弁護士と提携を結んでいるので、法律面でも安心サポートします。施術の打ち切り、示談交渉、後遺障害に関しての相談を受けることができます。相談料金 着手金は0円です。

実際にある施術例

販売業 女性 53才

信号待ちの所、後方から追突されました。
後頚部の痛みと両腕の放散痛が出現しており、整形外科の診断では軽度の頸椎ヘルニアの診断を受けました。
事故後から体の緊張状態が続き、気分の悪い状態が続いていました。
緊張を取り除くため、指圧・マッサージ法を取り入れました。
頚部は受傷後10日あたりから頚部間関節の動きを良くする運動法を取り入れた結果、次回のレントゲン検査でヘルニア症状が消失し大変喜んでいました。
同時に背部の緊張がマッサージと矯正法により取り除かれた結果、姿勢が良くなり呼吸がとても楽になりました。その後、徐々に症状改善の兆しがみえ3ヶ月で治癒となりました。

建築業 男性 45才

高速道路、料金所付近で左側から追突され右側のガードレールに追突しました。
車は廃車になるほどでしたのでよほどの衝撃でした。
後頚部、腰部、背部、胸部を損傷しました。
胸部はシートベルトで締め付けられた際に起こった打撲痛だったのでテーピングで押さえ痛みが出ないように努めました。
胸部は約2週間の施術で痛みが消失しました。
頚部、背部は筋緊張が強く手技による施術ができなかった為、超音波療法にて緊張を取り除いていきました。
5日ほどでうつぶせの姿勢が取れるようになったので、ハイボルテージ療法で同時に背部、腰部の緊張を取っていき指圧・マッサージ・ストレッチ法を加えました。
仕事で長時間の運転が続くと頚部、背部、腰部の緊張が強くなりました。
しかし、施術を続けていくことで長時間の運転も徐々にできるようになりました。
約5ヶ月ほどかかりましたが、以前の状態を取り戻す事ができました。
これは余談ですが、腰、股関節の施術を始めてから便秘症が改善されるようになり、とても喜んでいました。

交通事故によるこんな悩みの方はご相談下さい

交通事故治療

  • 病院に通院中だが湿布と薬だけで、適切な対応を受けられず痛みが取れない。
  • 事故直後は痛くなかったが今になって痛みがでてきた。
  • お医者さんに痛みを理解してもらえない。
  • 保険会社との手続きや補償内容がよくわからない。
  • 事故直後でどうしていいかわからない。

あなたは『この真実』をご存じですか?

  • 交通事故の治療は整形外科が一般的に知られていますが、実は体の痛み治療が専門の整骨院の方が細かい治療を受けられ、病院と同じく治療費は一切かからない
  • 骨格のゆがみやレントゲンで特定できない痛みの原因は、整形外科や病院で発見することが難しく体の痛みを改善することができないケースがある
  • 交通事故による衝撃を受けた首や腰は数ヶ月や数年後、急に痛みをともなう症状が発生する事があり、事故直後より痛みを改善するのに大変な場合がある

交通事故が原因で治療を受けて、その時は痛みがなくなったとしても、再び体に痛みがでる場合があります。
こういった場合、当然ですが改めて慰謝料や治療費を請求するのがとても難しくなってきます。
ですから、最初の治療からしっかりと行い、完治するまでしっかりとサポートしていきます。

交通事故の補償および入通院交通費について

【治療費について】
整骨院の受診のみで治療費が補償されることは可能です。しかし、事故との因果関係の証明および画像診断の必要性も考えて、まずは病院での受診をされた後に、ふきざわ整骨院でしっかり回復するまで治療をしていく事をお薦めします。

【入通院交通費について】
医療機関への通院など回復するまで、患者様が負担した交通費(バス、電車、タクシー代)などの公共交通機関を利用する運賃は原則として補償されます。また、自家用車で通院した場合は、ガソリン代も補償されます。保険会社によって、細かい条件が定められている場合がありますので、通院前に保険会社へご確認下さい。

交通事故の加害者ご本人の治療について

自賠責保険は被害者の保護を目的とした保険です。
ですので、相手側の過失が1%でもあれば、けがをしたあなたは相手側の自賠責保険から治療費の支払いを受けることができます。
つまり、加害者や被害者はその時に決められた過失割合の大きさによって呼ばれた名称に過ぎないのです。
当然、あなたが加害者であっても、けがをしていれば治療を受けられる権利があります。
交通事故が原因でけがをした症状については、自賠責保険の適用範囲になりますのでご安心下さい。

自損事故でケガをした場合の治療について

任意保険の契約内容によっては自費治療や窓口負担分も無料で受けられます。
自損事故だと保険で治療が受けられないと思いこんでいる方が多いのでご相談下さい。
交通事故の後遺症で悩まされないためにもすぐに治療を開始されることをお薦めします。
ただし、自賠責保険からは治療を受けられません。
自賠責保険は被害者の保護を目的とした保険だからです。
そこで、ご自身が契約されている任意保険の契約内容を確認させていただく必要があります。
また労災保険(通勤中、業務中)においては、問題なく治療が受けられます。

交通事故にあってしまったら

1.負傷者の救護と二次被害の防止

事故によってケガをしてしまった人がいた場合、何より最初にケガ人の救護をしてください。
まずは安全な場所に移動させることが先決です。
頭を強く打って意識がない場合、むやみに動かさず救急車を呼びます。
「負傷者の救護」は法律で事故を起こした人の義務になっています。
原則として、交通事故現場は警察の実況見分が終わるまでそのまま保存しておかなければいけませんが、交通通量が多い場所では二次被害を起こす可能性がありますので、車が動かせる状態であれば、 路肩などの交通の妨げにならない場所に移動させます。

2.警察に連絡

事故に遭ったら必ず警察に届けて交通事故証明書をいただいてください。
交通事故証明書とは「交通事故の事実をきちんと警察に届けましたよ」という証明書のこと。
第1段階として警察に届け出ないと正式な自賠責保険の取扱が出来ません。
事故を起こしたら警察に連絡することは、法律で定められた義務です。
警察が来る前に余裕があれば携帯電話等で事故現場や車の損傷具合を証拠として残しておきましょう。

3.自分の保険会社に事故の連絡をしましょう

自動車損害保険に限らず生命保険にも交通事故に遭ってしまったことを連絡しましょう。
事故でパニックになったとしても保険会社さんが適切な指示を出してくれますのでご安心ください。
交通事故の場合相手の損害保険会社に払ってもらうイメージが強いですが、自分の損害保険会社からも保険金の支払いを受けることが出来ます。

4.精密検査が可能な医療機関を受診しましょう

事故後、特に外傷がなくても、事故直後は精神的に緊張状態が続くため初期症状が出ない場合があります。特に脳外傷の場合は数週間後に症状が出ることはまれではありません。 自覚症状がなくても事故後すぐにレントゲンやCT,MRIなどの精密検査を受診してください。
問診時には痛みのある箇所をすべて医師にお話しして確認してください。
なぜならば、整骨院で治療を受ける場合は保険会社のルールで、医師の診断があった体の部位のみ施術を認めるケースが多々あります。
法律上は、整骨院でも捻挫や打撲や肉離れに対する診断権があるのですが、各保険会社の暗黙のルールとして、まずは病院で医師の診断を受けなければいけないということがあります。
最近では、医師の診断以外のケガの治療は認めないというケース(医師から首の負傷のみと診断された場合、他の肩や腰に痛みが出現しても治療が受けられない)があります。
当院も保険会社とのコミュニケーションは密にとっていきますが治療部位の認識の相違については良くあるケースなので注意が必要です。

5.相手方の保険会社にふきざわ整骨院に通院する事を伝えて下さい

連絡後、相手の保険会社から通院に関する連絡が入ります。ここで注意すべき点があります。
必ず痛みの場所を保険担当の方に伝えてください。
保険担当者は医師の診断書を元に治療の場所を指示してきますが治療を受ける権限は患者様にありますので、治療部位の確認だけは行ってください。

6.当院にご来院下さい

当院から保険会社に連絡が入りましたら治療開始です。
ご不明な点がありましたら、ご相談下さい。一緒に頑張りましょう。

ふきざわ整骨院(千葉県松戸市) 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel047-386-5995

千葉県松戸市金ヶ作418-82
新京成線 五香駅東口から徒歩5分

ページトップへ戻る