脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症でお悩みのあなたへ!!

このような症状でお困りではありませんか。

  • しばらく歩いていると、足にしびれが生じてくる
  • 腰をまっすぐに伸ばすことができない
  • お尻から下肢に痛みやしびれが生じている
  • どこにいっても同じとあきらめている
  • もう、これ以上、ブロック注射やコルセットには頼りたくない
  • 座っているのも辛いが家事などで立っていることも辛い
  • 脊柱管狭窄症が治らない理由とは!!

脊柱管狭窄症の悩みは当院にご相談下さい。

脊柱管狭窄症と診断されたM,T様 60代

感想をお聞かせ下さい。

長年、肩こりと腰痛で困っていました。
十数回のぎっくり腰、年齢によりシップ剤も使えなくなり当院に通うことに。
症状が改善し、定期的に通院することによりあの激痛や頭痛に悩む事も無くなり、安心してウォーキング、スイミングに行く事が出来ています。
過度に運動しても定期的にメンテナンスしているので安心しています。

なぜ、他にも選択肢があるなかで、うちを選んだのですか?

始めは知人の紹介、治療後のこりかえしも無かった。

なぜ、「何もしない」という選択肢があるにもかかわらず、うちに来たのですか?

何もしないと寝転んでしまうので、又シップも使えなかったので。

脊柱管狭窄症が他では良くならない理由とは

他の病院や整骨院でおこなう治療は・・・

  • マッサージ
  • 薬物療法
  • 物理療法(電気、温める)
  • コルセット、テーピング
  • 注射
  • 手術

このようなことが行われています。

当院がこのような治療を行うことに対する考えは、

マッサージ

マッサージでは根本原因である脊柱管の圧迫は取り除くことができません。
しかし、患者さんは腰の痛みを訴えるのでどうしてもその場しのぎの気持ちよさや刺激を求めてしまいます。そして、施術者側は言われるままに腰をグイグイと強めに押してしまいます。
うつ伏せの状態から腰を真下に押す施術は百害あって一利なしです。

薬物療法

薬物療法では筋弛緩剤、ビタミン剤、鎮痛剤などの飲み薬や湿布剤などが処方されます。
痛み止めなどは、痛みを和らげるものであって、根本的な原因に対しての治療ではありません。

「リリカ」などの神経性疼痛緩和薬が定番ですが根本改善には至らず強い副作用があります。
薬との併用は施術効果が発揮できないケースがあります。

物理療法

病院や整骨院では「電気療法」「温熱療法」「けん引療法」なども改善には至りません。
脊柱管狭窄症の原因が骨の変形だと考えると表面的な筋肉を「動かす」「温める」「引っ張る」だけでは効果はありません。
これらの治療が効果があるのかというと定かではありません。

「電気治療」「温熱療法」などは気休め的な要素が強く、「けん引」治療などは上下に引かれる作用に対して反発する力が加わるので更に背骨周辺の筋肉を固くしてしまいます。

コルセット、テーピング

コルセットをつけることで骨盤を安定させるので一時的に楽になる場合があります。
しかし痛みの原因を改善するわけでなく負担の軽減です。
依存すると筋力低下を招き骨盤の前後方向の動作制限を作り回復を止めてしまいます。

 注射

強い痛みやしびれがあるとブロック注射をうつ場合があります。
しかし、ブロック注射は神経を麻痺させて痛みを遮断する方法なので、あくまでも一時的な痛みを遮断する方法です。
その場しのぎの治療にはなりますが、どうしても動かないといけないときには有効な手段となります。
しかし、何回も注射を繰り返すと体がそれに慣れてしまい全く注射の効果がないということが生じてきます。

手術

上記のような保存療法で効果が認められない場合は手術を行う場合があります。
直接、神経に触れている骨などを取り除く方法ではありますが、手術をを行った患者さんのお話を聞くと術後に同じ痛みが残存したり、何年後かには再発したりとあまり良い話は聞きません、
医師でさえ完治は分からないけれど手術を行いますか?というスタンスでいる先生が大半です。

脊柱管狭窄症の症状についての説明

脊柱管狭窄症の特徴として「間欠性歩行」があります。
歩き出しからしばらくすると腰から足にかけて痛みやシビレが出現します。
「お尻の痛み」「ふくらはぎの痛み」「スネの外側の痛み」が比較的多いです。
前屈みになり少し休むと楽になり再び歩くことができます。
距離は50メートルから200メートル未満です。
また、膀胱や直腸の働きと関係が深い馬尾(脊髄神経の末端から馬のしっぽのように伸びている末梢神経の束)が障害されると排尿・排便障害を訴えます。
また、足腰の痛みやシビレによって外出する意欲がなくなり「運動不足」に陥って高血圧、冷え、便秘など狭窄症以外の症状も合併していることが多く全身の血流障害にまで発展します。

 

脊柱管狭窄症が起こる原因とは

脊柱管狭窄症の症状が出るまでの過程を考えると少なくともおおよそ5年以上前から要因を抱えたものが、それぞれの経過を遡って発症していくものだと考えます。

  • 椎間板の組織変化(変成)によりおこるもの
  • 脊椎の椎体・椎弓の骨変形で起こるもの
  • 椎間関節にある関節包の組織が肥厚することで起こるもの
  • 背骨の骨折や亜脱臼などによって起こるもの
  • すべり症以外の脊椎の回旋や横方向のズレによっておこるもの

    これらの原因が複雑に絡み合うことによって脊柱管が狭窄し神経が圧迫されて起こります。

脊柱管狭窄症の発症前に腰痛で悩んでいた経験のある人が非常に多く「ぎっくり腰」「椎間板ヘルニア」が完治したとしても安心せず再発予防に努めることが脊柱管狭窄症にならないための近道になります。

当院での施術方法

脊柱管が狭窄する3つの具体的な原因を改善していきます。

1,疾病形成因子の除去(初期~)
悪くしている要素をすべて取り払います。

2,歩行機能改善(疾病形成因子の除去の目処が立ってから本格的に行います。
本来、皆様が持っている『きちんと歩ける体の働き』を取り戻し関節の動きを滑らかにして改善していきます。

3,形質修復期の促進(歩行機能が改善してきた後に行います)
狭くなった部分を修復しようとする力『リモデリング』が働く環境を作ってきたのでさらにその働きが加速するように必要な運動や施術を行っていきます。

脊柱管狭窄症では、こういった施術の基本である順を正確に踏んでいく必要があります。

しかし、脊柱管狭窄症は痛みやしびれがとても強くてつらいものですが、症状が改善していくためには「痛みだけをフォーカス」して取り除くことが最善とはなりません。

例えば、痛みは残っているが歩く距離が伸びたことは回復の過程でとても大事なことです。

それ故に、脊柱管狭窄症の改善には上記3つの要件をきっちりと抑えたものにしてあります。
あなたのつらい症状が本質的に落ち着くまでは早くて3ヶ月、平均6ヶ月くらいの時間がかかります。

長年、歩くはたらきを失ってしまっている方に関しては歩行機能改善に時間がかかるため1年近くかかる場合もあります。
理由は『歩行機能の喪失による組織の変成』であるからです。

症状回復の必要なことは目先の痛みに負けずあきらめない気持ちだけです。

ふきざわ整骨院(千葉県松戸市) 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel047-386-5995

千葉県松戸市金ヶ作418-82
新京成線 五香駅東口から徒歩5分

ページトップへ戻る