四十肩・五十肩

諦めないで下さい。四十肩、五十肩でお悩みの方へ

このような症状でお困りではありませんか?

  • 肩が痛くて洗濯物が干せない
  • 服を着替えるのが一苦労
  • だんだんと肩が痛くなってきた
  • 夜、寝返りをすると痛みで目が覚める
  • 病院でレントゲンを撮ったが異常が無く湿布薬を渡された
  • 整骨院や整体にいったが良くならなかった
  • 放っておけば良くなると思っていたのに悪化してしまった。

その悩み当院におまかせ下さい!!

 

松戸市 大川様のお声

1、今回はどのような症状で来院されましたか?

左肩に激痛がはしり、腕が胸より上にあげられず、夜も痛み止めを飲んで寝ていました。
たまらなくふきざわ整骨院さんに通院し始めました。

2、施術を受けられて症状(悩み)に変化はありましたか?

初回の治療で痛みが和らぎ、自分で行う簡単なストレッチにも丁寧にわかりやすく教えて頂き、今は完治し、本当に感謝しております。

3、当院の施術をどの様な方に勧めたいと思いますか?

治療中は気持ち良くて、つい居眠りしてしまいます。
その後のアフターケアーも気にしてくださり、とても親切な院長の治療を受けてあなたも癒されて下さい。

五十肩の原因とは

 

なぜ四十肩、五十肩になるのでしょうか?

1、姿勢の問題
長時間の不良姿勢でのデスクワークや仕事の姿勢は、筋肉の疲労をもたらし、何らかの炎症などの痛みにつながっていきます。
また40~50代は仕事などで多忙を極め自身のお体を省みず無理をする傾向にあります。
そうしたストレスや睡眠不足により疲労が蓄積し肩回りが固くなる傾向があります。

2、運動不足の問題
日常生活では肩回りの筋肉を使うことがほとんどありません。そうすると筋肉や関節が次第に固まってきて徐々に上げづらくなってきます。
自然発生する五十肩の原因に一番多いでしょう。
ウォーキングやラジオ体操などを積極的に行うと五十肩になるリスクは低くなります。

3、スポーツから肩を痛める(使いすぎ)
ゴルフ、バレーボール、テニスなど肩を酷使するシニア世代に多いです。例えば、ゴルフなどでは年々股関節が固くなり、動きが悪くなってきます。そうすると腰を上手に動かすことが出来なくなり肩打ちになってしまい負担がかかります。

四十肩、五十肩の症状

急性期
痛みが出初めて一か月以内の症状で、とにかく痛みが激しく夜間痛が特徴です。洋服の着脱がほぼ不可能、歩くだけでも脳天に響く痛みがあります。反対の支えがないと腕を下げているのが困難で日常生活に支障を来たします。患部の冷却を中心に炎症を抑えていきましょう。
あまりの痛みで病院に行くことがほとんどです。

慢性期(前期)
早いと2週間くらいで痛みが徐々に治まってきます。そこから徐々に動かしていきます。
まだ肩に違和感が残っている時期なので手首、前腕、肘など肩の遠い部分から徐々に動かしていきましょう

慢性期(後期)
約一か月ほどで痛みはほぼ消失します。ここから積極的に肩回りを動かしていきましょう。
今まで動かさないでいたので、筋力が低下し関節が固くなる時期です。この時期に動かさないと徐々に関節が固まってきますので非常に重要です。

拘縮期
この時期になると痛みはありませんが肩が思うように動かせなくなります。特に著名なのは髪を結う結髪動作や後ろに手を回す結滞操作が困難になります。

癒着期
関節の拘縮と筋力低下により肩が全く動かせなくなります。通常180度動かせるのが固まると30度以下で動きがストップしてしまいます。日常生活に支障を来たし痛みも伴ってきます。この症状ですと最低でも半年は通院が必要になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふきざわ整骨院(千葉県松戸市) 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel047-386-5995

千葉県松戸市金ヶ作418-82
新京成線 五香駅東口から徒歩5分

ページトップへ戻る